· 

翻訳の問題点と対策について

一般に翻訳会社が納品するドキュメントに様々な問題があります。


 例えば、使っている用語や言い回しが業界や現場で使っているものと違っていたりします。


これは翻訳者がその分野に詳しくない場合に起こります。


用語が統一されていない場合は、用語集を用意していない場合に起こりやすくなります。


英訳の場合の大きな問題として、日本語原文が単数なのか複数なのかが不明なので、英語になったとき単数、複数の誤りが起こります。


また、日本語では主語が書かれてない場合が多いので、英語になったときに動作主が不明のまま、受動態でごまかしている場合が多いです。


英訳の場合では、原文の技術を十分に理解していると、これらの問題は起きません。


また、日英翻訳者が日本人の場合、日本人にとってはわかりやすいのですが、外国人にとっては理解しにくい文章だったりします。


ネイティブチェックを通せば解決できるように思えますが、実際には校正者が理解できないため、誤った解釈の上校正するので原文と食い違いが出て、結果として誤訳になってしまいます。

 

多くのメーカー様などの依頼側は上記のような問題を認識しており、翻訳会社に翻訳を依頼することを躊躇している場合があります。


このため多くのメーカーでは社内に翻訳部門を作ったり、翻訳会社から翻訳者を派遣してもらいオンサイト翻訳者として対応しているのが現状だと思います。


また、最近のエンジニアは英語を使う機会が多いので昔に比べ英語レベルが高くなっており、エンジニア自身が翻訳する英訳場合が多いです。但し、エンジニア向けの説明資料などはできると思いますが、製品のマニュアルなどは専門家に任せた方がよいと思います。


 

弊社は上記の問題を最小限にするため、以下のような取り組みをしています。

①原文を理解できなければ翻訳はできないので、基本的に専門でない分野の翻訳は受けないというスタンスを持っています。


②ターゲット言語のネイティブ翻訳者が担当します。ターゲット言語が英語(日英翻訳)の場合は、英語のネイティブスピーカーが担当します。ターゲット言語が日本語の場合は、日本人が担当します。


③エンジニアまたはテクニカルライターとしての実務経験のある翻訳者や校正者のみをメンバー登録しています。これは原文を読んで理解でき、適切な用語や言い回しで書ける必要があるからです。


④テクニカルライティングの知識を有する翻訳者や校正者をメンバーとして採用しています。但し、実際にはテクニカルライティングを習得している人は少ないため、弊社がメンバーのスキルアップを実施しています。

 

ちなみにテクニカルライティングについてですが、国内外問わず翻訳者でテクニカルライティングの知識をもっている人は非常に少ないです。


私は米国の大学に留学したときにテクニカルライティング(Technical communication)を学びたかったのですが、当学校では教えてませんでした。実際にはテクニカルライティングを学べる大学はそれほど多くないです。


国内では工業英検やTEPを通して学習できますが、あまり人気がないようです。技術翻訳において、テクニカルライティングの知識は必須なのですが、多くの翻訳者が興味を持って勉強してほしいと思います。


弊社ではテクニカルライティングに関する資料を翻訳者に提供して学習してもらってます。


また、校正者がテクニカルライティングに詳しいので、校正者のコメントやフィードバックを翻訳者に共有してます。