· 

翻訳の問題点と対策について

一般に翻訳会社が納品するドキュメントには様々な問題点があります。

 

 例えば、訳文の用語や言い回しが業界や現場で使っているものと違う場合があります。これは翻訳者がその分野に詳しくない場合に起こります。

依頼元が詳細な用語集を提供するとかなり改善できます。翻訳者が作成した用語集を依頼元がレビューして、フィードバックする方法があります。

 

英訳の場合の大きな問題として、日本語原文が単数なのか複数なのかが不明なので、英語になったときに単数・複数の誤りが起こります。

 

また、日本語では主語が書かれてない場合が多いので、英語になったときに動作主が不明のまま、受動態でごまかしている場合が多いです。このような問題は、原文の技術を理解してない場合に起こります。これの対策として、翻訳者が翻訳の早い段階で質問を申し送りして、依頼元から情報を得る方法があります。ただし、小規模のプロジェクトでは納品時に申し送りすることになるので、翻訳会社あるいは依頼元で訂正作業が発生します。

 

また、日英翻訳者が日本人の場合、日本人にとってはわかりやすいのですが、外国人にとっては理解しにくい文章だったりします。ネイティブチェックを通せば解決できるように思えますが、実際には校正者が技術的なバックグラウンドを持っていない場合、誤った解釈で校正するので原文と食い違いが出て、結果として誤訳になってしまうケースがあります。

 

多くのメーカー様などの依頼元は上記のような問題を認識しており、翻訳会社に翻訳を依頼することを躊躇している場合があります。そのため社内で翻訳者を採用、あるいは派遣して対応しているのが場合が多いです。あるいは、社内のエンジニア自身が翻訳する場合があります。

 

但し、社内だけで対応するのは難しいケースが多いと思います。エンジニア向けの説明資料などはできると思いますが、製品マニュアル、ホワイトペーパーなどは専門家に任せた方がよいと思います。

 

弊社は上記の問題を最小限にするため、以下のような取り組みをしています。

 

①原文を理解できなければ翻訳はできないので、基本的に専門でない分野の翻訳は受けないというスタンスを持っています。

 

②基本的にターゲット言語のネイティブ翻訳者が担当します。ターゲット言語が英語(日英翻訳)の場合は、英語のネイティブスピーカーが担当します。ターゲット言語が日本語の場合は、日本人が担当します。

 

③エンジニアまたはテクニカルライターとしての実務経験のある翻訳者および校正者のみをメンバー登録しています。また、難易度の高いトライアルに合格した翻訳者のみを登録してます。

 

④テクニカルライティングの知識を有する翻訳者や校正者をメンバーとして採用しています。ただし、実際にはテクニカルライティングを習得している翻訳者は極めて少ないため、弊社がメンバーのスキルアップを実施しています。