· 

イザベラバード「Unbeaten-Tracks-in-Japan」 会津田島~大内宿

イザベラバードは、19世紀の大英帝国の旅行家、探検家、紀行作家で、1878年(明治11年)6月から9月にかけて、通訳者と共に東京を起点に日光から新潟へ抜け、日本海側から北海道に至る北日本を旅しました。


その旅行記を1880年(明治13年)に "Unbeaten Tracks in Japan"として刊行しました。日本では『日本奥地紀行』という題名になっています。彼女は私の故郷である南会津にある下郷町も経由したようです。彼女が140年前のこの町をどのように記録ているのか非常に興味があったため、原文をインターネットで入手しました。地元に関連する会津田島から大内宿までの記録を抜粋して訳してみました。

 

訳してみて印象に残ったのは、夕日に照らされた山々の風景を”unearthly beauty”と表現している点です。ロングマン辞書では、"unerthly"を"very strange and unnatural, and probably frightening"と定義してます。直訳すると「とても奇妙で普通ではない、恐ろしいもの」という意味になります。unearthly beauty”を意訳すると、「恐ろしいほど美しい」、「ぞっとする美しさ」、「この世のものとも思えない美しさ」、「不思議な美しさ」などの意味になると思います。私も帰省する度に那須連峰の景色を見て感動しています。特に夕刻に見える風景はまさしく”unearthly beauty scenery”です。

 

 

【原文】

A Japanese Ferry--A Corrugated Road--The Pass of Sanno--Various Vegetation--An Unattractive Undergrowth--Preponderance of Men. We changed horses at Tajima, formerly a daimiyo's residence, and, for a Japanese town, rather picturesque. It makes and exports clogs, coarse pottery, coarse lacquer, and coarse baskets. After travelling through rice-fields varying from thirty yards square to a quarter of an acre, with the tops of the dykes utilised by planting dwarf beans along them, we came to a large river, the Arakai, along whose affluents we had been tramping for two days, and, after passing through several filthy villages, thronged with filthy and industrious inhabitants, crossed it in a scow. High page 124 / 420 forks planted securely in the bank on either side sustained a rope formed of several strands of the wistaria knotted together. One man hauled on this hand over hand, another poled at the stern, and the rapid current did the rest. In this fashion we have crossed many rivers subsequently. Tariffs of charges are posted at all ferries, as well as at all bridges where charges are made, and a man sits in an office to receive the money. The country was really very beautiful. The views were wider and finer than on the previous days, taking in great sweeps of peaked mountains, wooded to their summits, and from the top of the Pass of Sanno the clustered peaks were glorified into unearthly beauty in a golden mist of evening sunshine. I slept at a house combining silk farm, post office, express office, and daimiyo's rooms, at the hamlet of Ouchi, prettily situated in a valley with mountainous surroundings, and, leaving early on the following morning, had a very grand ride, passing in a crateriform cavity the pretty little lake of Oyake, and then ascending the magnificent pass of Ichikawa.

 

【訳文】

 

渡し船 ― うねうねと続く道 ― 山王峠 ― 様々な植生 ― 魅力的な下草

 

私たちは、田島で馬を替えた。以前は大名が住んでいたところで、日本の昔懐かしい町並みが残っている。下駄、陶器、漆器、籠などを作り、他と交易している。畔に小豆が植えられた、30平方ヤードから1エーカーほどのさまざまな大きさの田んぼを眺めながら移動すると、荒海川(現在の大川)にたどり着いた。この水量の多い川に沿って、2日かけててくてく歩いた。貧しい人々、休みなく働く人々でごった返している村をいくつか通り過ぎた後、渡し船でこの川を渡った。川の両岸の土手には高い杭が設けられており、縄を複数撚った作ったしっかりした縄を両岸で支えている。一人の男が縄をたぐり、もう片方の男が船尾から竿を使って平底船を進め、急流を渡る。私たちは、その後もこのような方法でいくつかの川を渡った。すべての渡し船、さらに橋を通行する度に金を払う。料金が立て札に書かれていて、小屋に座った男に金を渡す。

 

この地方は本当にとても美しかった。数日前と比べ、眺望が広がり、見事な景色であった。尖った山々の広がり、山頂部の樹木、山王峠の頂が、夕日の黄金色の霧の中で、不思議な美しさに満ちていた。

 

山に囲まれた谷に大内の村落がある。蚕部屋、郵便局、内国通運会社継立所が一緒になった、大名の宿所だった屋敷に泊まった。翌日、早朝に出発した。噴火口状の窪地にある美しい大宅沼を通り過ぎ快適な馬での移動だった。その後、雄大な市川峠を登りはじめた。