· 

「物」を表すitem、object、thingの違い

「物」、「モノ」を表す英単語は、itemobjectthingなどがありますが、それぞれニュアンスが異なります。

 

objectは、知覚できる、あるいは触ることができる「物体」を表します。

 

itemも明確な物理的に形があるものに使います。

またitemはドキュメントに記載する物に関する一覧、物のグループ、あるいは物一式において、各itemはある1つの物に対応します。

 

thingも、物理的な実体、物体などを指します。

ただし、thingitemobjectと全く違う点は、「考え」、「概念」、「行動」、「事実」などの無形の概念的なことも表すことです。

 

例:

It was a horrible thing.

それはひどいことでした。

 

The first thing to do is to give them food.

最初にやるべきことは、彼らに食料を与えることです。

 

参考:

As nouns the difference between item and thing is that item is a distinct physical object while thing is that which is considered to exist as a separate entity, object, quality or concept.

https://wikidiff.com/item/thing