翻訳やマニュアル作成のプロジェクトで依頼元からのスタイルガイドの提供がある場合、タイトルの書き方が記載されていると思いますが、スタイルガイドがない場合は一般的なルールに従う必要があります。基本的なルールとして、タイトルでは名詞、代名詞、動詞、副詞などの「重要な単語」の先頭文字を大文字にして強調します。...
Elizabeth Slatkin著の“How to Write a Manual"(Ten Speed Press/1991年/120ページ)と本を購入しました。ちなみに、この本をアマゾンで注文したのですが、1週間以上経っても一向に届かずチャンセルしようかと思ってた矢先に配達されました。海外から直接送られて来たようです。最近、国内に在庫を持たず注文があった際に海外から配達というケースが多いようです。...
英単語 · 09日 7月 2018
最近、家庭菜園を始めて、キャベツ、スイカ、枝豆、サツマイモ、水菜、苺、トマト、ニンジンなどいろいろな野菜にチャレンジしています。 最近、ニンジンの種まきをして、2週間くらい経つと芽が出てきて順調に成長してきて、喜んでいたのですがある時期から葉っぱが日に日に短くなってきました。...
英単語 · 18日 6月 2018
ソフトウェアにおける、Defect/Error/Bug/Failure/Faultの違いについて
技術英語やテクニカルライティングの書籍を執筆されている国際技術コミュニケーション教育研究所 代表の片岡英樹...
26日 1月 2018
先週、東京ビックサイトで開催したインターネプコンジャパンというエレクトロニクスの製造および実装技術の展示会に行ってきました。 各ブースを回って、面白そうな装置や部品を見つけるたびに説明員に質問して、いろんなことを学びました。
英単語 · 06日 1月 2018
「確かな技術力をもとに、お客様のご要望・ニーズに合わせてオーダーメイドの製品づくりをしています。」というセンテンスの一次訳は以下の通りです。訳し方としては問題ないと思いますが、あまりにも平凡な訳です。 We make custom-made products according to customers' requirements and needs based on our solid technical capabilities....
英単語 · 29日 10月 2017
「状態」は、英語でstatusまたはstateですが、用法が以下のように異なります。 status: ある特定時点の状況を表します。例えば、バグ修正の状態(状況)であれば、"status of fixing the bugs"となります。 state: 技術英語では、物理的な状態を表します。例えば、「出力ピンの状態」であれば、"the state of the output pin"となります。
テクニカルライティング · 25日 10月 2017
片岡英樹氏の著書「英文テクニカルライティング」という本を先日買いましたが、その本の第2章「読みやすく頭に入るパラグラフを構成しよう」にパラグラフのABC構成というものが説明されてます。これは英文のパラグラフ(段落)をABC構成にすると読みやすくなるというものです。パラグラフは、Introduction→ここではAbstruct(要約)と呼んでますが、Boday(本文)、Conclusion(結論)の3つの部分から構成され、これらの頭文字をとって”パラグラフのABC構成”と呼んでます。
英単語 · 20日 10月 2017
featureとcharacteristicのニュアンスの違いについてまとめてみました。 ロングマンの辞書では、featureとcharacteristicが以下のように定義されています。 feature: a part of something that you notice because it seems important, interesting, or typical (重要なもの、人の関心を引くもの、特有なもので人が認知できるもの) characteristic: a quality or feature of something or someone that is typical of them and easy to...

さらに表示する